英語(リスニング)

 
無断転載禁止

総評と分析

問題形式・分量共に昨年度と大きな変更はなし。

問題形式は昨年度と変わらず。日常会話やモノローグなど、幅広く英語の聴解力が問われている。

問題分析

大問数 大問数は4で、昨年度と同じ。
設問数 設問数は25で、昨年度と同じ。
解答数 解答数は25で、昨年度と同じ。

問題量

  • 放送される英文と設問選択肢の総語数は約1890語で、昨年度より170語程度増加した。第3問Bの題材が昨年度の地図から博物館の展示広告に変わり、読み取る文字数が増えたことが主な要因である。聞き取る英文の量は変わらない。

出題分野・出題内容

  • 第1問が対話内容把握問題、第2問が対話完成問題、第3問A・Bが対話内容把握問題、第4問はAが1つのモノローグの内容把握問題で、Bは長めの対話の内容把握問題。
  • 例年通り、放送は2回流される。音声は昨年度と比べて聞き取りやすいものとなっている。

出題形式

  • 出題形式に変更はなし。

難易度(全体)

  • 全体の難易度は昨年度より易化した。音声が昨年度より聞き取りやすくなり、第2問は取り組みやすくなった。

設問別分析

第1問 (12点満点)

配点 出題内容 難易度
12 対話内容把握(本文170語/設問選択肢88語) 標準

形式は昨年度と同様で、男女による30語程度の短い対話文を聞き、問いの答えとして最も適切なものを選ぶ問題が出題された。イラスト問題が1題(問1)、対話を聞いて正しいグラフを選択させる問題が1題(問6)、計算を要する問題が2題(問2、5)、話者の意図を聞き取る問題が2題の構成も同じであった。計算問題の問5は「12時」がnoon「正午」に言い換えられていることに注意したい。問2のRome「ローマ」はやや聞き取りづらい。

第2問 (14点満点)

配点 出題内容 難易度
14 対話完成(本文202語/設問選択肢191語) 標準

形式は昨年度と同様で、男女による30語程度の対話を聞き、最後の発言に対する応答として最も適切なものを選ぶ問題。会話の語数はほぼ昨年度と同様だが、設問選択肢は50語程度増加した。昨年度よりも音声は聞き取りやすくなった。また昨年度と比べると選択肢に吟味が必要な表現が減り、解きやすくなった。問8の休暇の取得願い、問12のピザの店頭受け取りなどの状況を把握できるか否かがカギとなっただろう。

第3問 (12点満点)

配点 出題内容 難易度
A6 対話内容把握(本文146語/設問選択肢81語) 標準
B 6 対話内容把握「博物館の入場券の購入」(本文144語/設問選択肢125語) 標準

Aは男女による50語程度の対話を聞き、設問の答えとして最も適切なものを選ぶ問題。昨年度と形式は同様である。対話の状況・場面は身近なもので想像しやすかったと思われるが、特に問16は対話の内容を最後までしっかりと聞かないと誤りの選択肢にひっかかってしまう。難易度はほぼ昨年度並み。Bは問題冊子に印刷されている観覧料の情報を参考にしながら、150語程度の男女の会話を聞いて質問に答える形式。地図を見ながらの旅行計画が題材となった昨年度と難易度は同様である。

第4問 (12点満点)

配点 出題内容 難易度
A6 モノローグ内容把握「兄2人との思い出」(本文202語/設問選択肢114語) 標準
B 6 対話文内容把握「新しい飼い犬の見つけ方」(本文294語/設問選択肢106語) 標準

Aは、長めの英文を1つ聞き3つの設問に答える問題である。語数は昨年度から微増した。聞き取りにくい箇所は特になく、また自転車の練習という想像しやすい場面設定であるため内容は理解しやすい。ただ、問21に紛らわしい選択肢が含まれている。Bは昨年度と同様、場面設定が与えられた上で3人の会話を聞き設問に答える問題である。語数は昨年度から微増した。問25は会話の結果を問う問題であるが、会話の終盤を聞き取れれば正答できる。A・Bともに形式と難易度に昨年度から大きな変更はなかった。

大学入試センター試験平均点(過去5年分)

年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度
平均点 22.67点 28.11点 30.81点 35.39点 33.16点
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。


センター・国公立2次試験日程
1月14・15日 センター本試験
1月21・22日 センター追試験
1月23日~ 国公立2次出願受け付け
2月25日~ 国公立2次前期試験
3月1日~ 前期合格発表(公立大学)
3月6日~ 前期合格発表(国立大学)
3月8日~ 公立中期試験
3月12日~ 後期試験
3月20日~ 中・後期合格発表

※日程は変更になる場合があります

ページTOP