物理基礎

 
無断転載禁止

総評と分析

出題形式に変更はなし。また、全体的に基本問題が中心の出題も変わらず。

第2問、第3問はA、Bに分割されての出題で、グラフ選択、数値計算、答の組合せを問う問題等の出題の形式については昨年と変わらなかった。基本問題を中心とした出題であり、取り組みやすい問題が多かったが、やや考察力を要する問題も見られた。第1問問4の知識問題は答えづらいと思われる。

問題分析

大問数 大問数は3で昨年と変更なし。
設問数 設問数は13で昨年と変更なし。
解答数 解答数が、昨年の13から14に増加した。

問題量

  • 数値計算の問題(数値を答える問題を含む)は、昨年と同様5であった。
  • グラフ選択の問題は、昨年と同様1であった。
  • 答の組合せを問う問題は、昨年の5から6に増加した。

出題分野・出題内容

  • 第1問は、物理基礎全範囲からの小問集合。
  • 第2問は、Aが気柱の共鳴、Bが2つの抵抗と電源からなる直流回路。
  • 第3問は、Aがひもでつながれた物体の運動、Bが異なる傾きの斜面をすべる物体の運動。

出題形式

  • 第1問は小問集合形式。第2問、第3問は、A、Bに分割され、それぞれ異なる分野からの問題となっている。

難易度(全体)

  • 難易度は昨年並。基本問題を中心とした出題であり、やや思考力・計算力を要する設問もあったが、全体としては取り組みやすい構成である。

設問別分析

第1問 (20点満点)

配点 出題内容 難易度
問14 力のつり合い
問2 4 等加速度直線運動 やや易
問3 4 電磁波の分類 標準
問4 4 原子と放射線 やや難
問5 4 熱量の保存 標準

問1はばねが取り付けられた物体の力のつり合い、問2は等加速度直線運動に関する基本問題であり、確実に得点したい。問3は電磁波に関する知識問題であり、電磁波の分類と振動数の対応を記憶していないと解けない。問4は原子と放射線に関する正誤問題であり、内容は標準的であるが、幅広く問われている中から正誤の判断を要求されるためやや難しい。問5は熱量の保存に関する基本問題であるが、数値を指数表記で扱わなければならない。

第2問 (15点満点)

配点 出題内容 難易度
A8 気柱の共鳴 やや難
B 7 電気抵抗 標準

A:問1は開管と閉管の振動を同時に判断しなければならない。基本振動から倍振動への波長の変化が振動数の変化から考察できる必要がある。問2では媒質が変更されるが基本振動の波長は管の長さで決まるので、音速の変化が振動数の変化に対応することが見抜ければよい。B:問3は2つの抵抗の並列回路に関する設問であるが、回路図から並列接続と判断する必要がある。問4は長さと断面積が異なる2つの抵抗の抵抗値を比較し、直列回路の電流が共通であることに着目し、消費電力を比較する。解答4を選んだ場合は2点与えられることから、消費電力の計算よりも抵抗値の計算が重視されていた。

第3問 (15点満点)

配点 出題内容 難易度
A8 運動方程式・仕事とエネルギー 標準
B 7 等加速度直線運動と仕事 標準

A:問1は運動方程式に関する基本的な設問であるが、機関車を含めた3物体の中から客車A・Bだけに着目し、運動方程式を自分で立式し、内力を計算しなければならない。問2は仕事とエネルギーの変換に関する基本的な設問である。B:傾斜の異なるすべり台上の運動について広く考察する。問3は力のつり合いから垂直抗力が傾斜角の余弦(cos)に比例し、等加速度直線運動の式から時間が傾斜角の正弦(sin)に反比例する。斜面の最下点での速さまたは斜面の高さが共通であることに着目できればよい。また、任意の角で考えるのが難しければ、具体的に有名角(30°、45°、60°)で具体的に比較してみるとよい。問4はこの運動における仕事の基礎理解を試す設問であった。

大学入試センター試験平均点(過去5年分)

年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度
平均点 31.32点 29.69点 34.37点 31.52点
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。


センター・国公立2次試験日程
1月14・15日 センター本試験
1月21・22日 センター追試験
1月23日~ 国公立2次出願受け付け
2月25日~ 国公立2次前期試験
3月1日~ 前期合格発表(公立大学)
3月6日~ 前期合格発表(国立大学)
3月8日~ 公立中期試験
3月12日~ 後期試験
3月20日~ 中・後期合格発表

※日程は変更になる場合があります

ページTOP