物理

 
無断転載禁止

総評と分析

選択問題の「力学」が「熱」になった。数値計算や計算自体が減り、物理的な考察力に重点が置かれている。

物理量の正確な理解や定義、単なる公式暗記ではない物理の本来の実力が求められている。物理の実力が得点に素直に反映されると思われる。第3問のBはセンター試験では珍しい簡単な力学とドップラー効果の複合問題となっている。

問題分析

大問数 大問数6で第5問と第6問は選択(昨年と同じ)。
設問数 設問数は昨年より2減って20。
解答数 解答数は昨年より1減って22。

問題量

  • 問題記載ページは、第5問を選択した場合は昨年より2減、第6問を選択した場合は昨年と同じである。

出題分野・出題内容

  • 第1問が「小問集合」、第2問が「電磁気」、第3問が「波動」、第4問が「力学」、第5問が「熱力学」、第6問が「原子」からの出題である。
  • 第4問の構成が、昨年のA力学(単振動)、B熱(比熱の測定)から、A力学(慣性力)、B力学(鉛直面内の円運動)となった。
  • 第5問が「力学」から「熱力学」になった。

出題形式

  • 数値計算または数値を選ぶ設問が、昨年の6から1に減っている。
  • 第2問〜第4問では、AとBに分けることによって幅広い出題となっている。
  • グラフまたは図を選択する設問が昨年の7から4に減少している。
  • 昨年度は部分点が6設問で与えられたが、今年度は0となっている。

難易度(全体)

  • 難易度はやや難化。計算量は減ったが、公式暗記だけでは解きづらい思考力を要する問題が散見された。

設問別分析

第1問 (25点満点)

配点 出題内容 難易度
問15 運動量・運動エネルギー やや易
問2 5  点電荷による電場 やや易
問3 5 レンズによる像 標準
問4 5 ピストンのつり合い やや易
問5 5 単振動 やや易

例年通りの小問集合形式である。問1は運動量と運動エネルギーに関する知識問題。問2は点電荷が作る静電場の問題で、静電場の向きと大きさがわかっていれば易しい。問3は問題文と図の解釈がやや難しい。点対称な像が現れることに気づきたい。問4はピストンにはたらく力のつり合いと状態方程式を考えればよい。問5は単振動の周期に関する問題で、それぞれの状況を式で表して解答することもできるが、質量とばね定数が変わらないことに着目して即答したい。

第2問 (20点満点)

配点 出題内容 難易度
A10 ダイオードと交流回路 やや難
B 10 電磁誘導・電流が受ける力 標準

電磁気分野からの出題である。Aはダイオードに関する問題で、問1はダイオードの作成法と半導体の性質を問う知識問題である。教科書はしっかりと読んでおきたい。問2は交流回路に組み込まれたダイオードに関する問題で、2015年度に類題が出題されている。Bは標準的な電磁誘導と電流に生じる力に関する問題。問3は抵抗値Rの抵抗に電流が流れないことに気づければ容易。問4は導体棒に電流が流れていないことに着目して抵抗値Rを流れる電流を求め、次に電圧の関係式を用いる。

第3問 (20点満点)

配点 出題内容 難易度
A10 光の干渉・屈折 やや難
B 10 単振動する音源のドップラー効果 標準

波動分野からの出題である。他の大問と比べて解答数が多かった。Aは薄膜干渉と光の屈折に関する問題である。問1については、1は屈折率の定義が理解できていないと悩むだろう。公式の証明も頭に入れておきたい。2は難しくはないが、反射による位相の変化に注意したい。光の屈折に関する問2はヒントが与えられており、考えて解く問題であった。Bは振動する音源のドップラー効果に関する問題だったが、問3で単振動の変位を考える必要があったり、問4でx-tグラフと速度の関係を用いたりと簡単な力学(単振動)の知識も必要であり、あまり見かけない出題であった。

第4問 (20点満点)

配点 出題内容 難易度
A10 慣性力・等加速度運動 標準
B 10 円運動 標準

力学分野からの出題である。Aは一定の慣性力による見かけの重力を考える問題である。問1はおもりにはたらく力のつり合いを考えればよい。問2はボールが初速度のない等加速度運動をすることに着目すれば、その軌道が直線になることがわかる。慣性力の向きに注意。Bは円運動に関する問題で、問3は力学的エネルギー保存の式を丁寧に立て、運動エネルギーと角度の関係を確かめてグラフを選ぶ。問4はまず小球の速さを力学的エネルギー保存より求め、次に円運動の運動方程式(または遠心力も含めた力のつり合いの式)を立てて解答する。

第5問 (15点満点)

配点 出題内容 難易度
15 p-Vグラフ 標準

第5問は選択問題であり、熱力学からの出題に戻った。p-V図の読み取りに関する問題で、熱力学の第一法則と内部エネルギーに関する問1と、1サイクルで気体が外部にする仕事をp-V図が囲む面積として求める問2は平易であったが、状態方程式を用いてp-V図をp-T図に直す問3はやや難しかった。各過程で圧力と体積のどちらが一定なのかを正確に把握する必要があった。

第6問 (15点満点)

配点 出題内容 難易度
15 X線 標準

原子分野が昨年に引き続き選択問題として出題されたが、全体として例年よりやや難しかった。問1は入射電子のエネルギーとX線のエネルギーに関する問題であった。問2は特性X線の原理に関する問題で、エネルギー準位の差に着目すればよい。問3は陽極金属の種類や加速電圧を変えたときにX線の強度がどう変わるかが問われた。問2と問3はほとんどそのまま教科書に載っている。

大学入試センター試験平均点(過去5年分)

年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度
平均点 62.42点 62.88点 61.7点 64.31点
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。


センター・国公立2次試験日程
1月14・15日 センター本試験
1月21・22日 センター追試験
1月23日~ 国公立2次出願受け付け
2月25日~ 国公立2次前期試験
3月1日~ 前期合格発表(公立大学)
3月6日~ 前期合格発表(国立大学)
3月8日~ 公立中期試験
3月12日~ 後期試験
3月20日~ 中・後期合格発表

※日程は変更になる場合があります

ページTOP