化学

 
無断転載禁止

総評と分析

グラフを考察する問題が多く、いずれもかなり思考力を要するものであった。知識問題、計算問題は標準的であった。

解答する大問数は昨年同様7題で、解答数は29問であった。標準的な計算問題が出題され、細かい知識も問われなかった。しかし、グラフ問題は思考力を要するため、多くの受験生を悩ませたと思われる。第6問と第7問のうち、1題を選択解答する形式だった。

問題分析

大問数 大問数は、昨年同様7で、そのうち6を解答。
設問数 設問数は、昨年と変わらず、選択した問題によらず25。
解答数 解答数は、昨年の28より増加し、選択した問題によらず29。

問題量

  • 計算問題は選択した問題によらず2問増加して12問となった。全体的には解答数および計算問題が増加し、昨年に比べ、問題量は増加した。

出題分野・出題内容

  • 主として、第1問は物質の状態、第2問は物質の変化と平衡、第3問は無機物質、第4問は有機化合物、第5問は高分子化合物、第6問は合成高分子、第7問は天然高分子。
  • 第2問の問3の溶解度積の問題、第3問の問5の沈殿反応の問題、第5問の問1の高分子の平均分子量の問題、第7問の問2のジペプチドの構成アミノ酸の問題は、いずれもグラフを考察するものでかなり思考力を要する。

出題形式

  • 出題形式は、従来のセンター試験と同様、小問集合形式であった。第1問〜第5問は必答問題、第6問と第7問は選択問題で、昨年と同じであった。また、昨年見られなかった7択式の問題がみられた。

難易度(全体)

  • 総じて、やや難化。グラフ考察問題の増加が特徴的である。しかも、いずれも一筋縄でいかない内容となっており、時間不足になった受験生がかなりいたのではないだろうか。他の計算問題や知識問題は、標準的であった。

設問別分析

第1問 (24点満点)

配点 出題内容 難易度
問14 物質の分類 やや易
問2 4 結晶格子(ダイヤモンド) 標準
問3 4 分子間力 標準
問4 4 気体の分子量測定 標準
問5 4 物質の溶解性 やや易
問6 4 気体の溶解度 標準

物質の状態と平衡の分野からの出題。問1の物質の分類は平易。問2のダイヤモンドの密度を表す式は典型的。問3の分子間力に関する正誤問題は確実に得点したい。問4は気体の状態方程式を用いればよい。問5の物質の溶解性も平易。問6は気体の物質量で考えていけば、間違えにくい。

第2問 (24点満点)

配点 出題内容 難易度
問14 熱化学(結合エネルギー) 標準
問2 4 平衡定数 標準
問3 5 溶解度積(グラフ読み取り) やや難
問4 7 電気分解 標準
問5 4 熱化学(熱量計算) 標準

物質の変化と平衡の分野からの出題。問1の熱化学は典型的で、計算ミスが怖い。問2は、反応速度定数と平衡定数との関係が問われている。問3はグラフから数値を読み取って判断するもので、縦軸と横軸との関係がわからないと難しい。濃度が半分になるところに注意。問4の電気分解の問題は典型的。問5の熱量計算は典型的であるが、冷静に進める必要がある。

第3問 (23点満点)

配点 出題内容 難易度
問14 身近な無機物質の性質 標準
問2 4 金属元素の性質 やや易
問3 4 錯イオン やや易
問4 6 オストワルト法 標準
問5 5 化学反応と量的関係(グラフ考察) やや難

無機物質の分野からの出題で、一部計算問題も含む。問1、2とも、一部細かい知識があるものの確実に得点したいところ。問3の錯イオンの色と形も平易。問4はオストワルト法の知識と量的関係を問うもので標準的。問5は反応の量的関係と体積のデータから沈殿の質量の最高地点をみつけるもので、かなりの思考力を要する。

第4問 (19点満点)

配点 出題内容 難易度
問13 ベンゼンの構造と性質 やや易
問2 4 反応と量的関係 標準
問3 4 有機化合物の酸化還元反応 やや易
問4 4 異性体の数 標準
問5 4 メタンの発生と捕集法 やや易

炭水化物、脂肪族化合物、芳香族化合物からの出題。問1は確実に得点したいところ。問2では、一価のアルコールとナトリウムの反応の量的関係がわかればよい。問3の芳香族化合物の反応は基本的。問4のカルボニル基をもつ異性体もよく問われるところである。問5では、発生する気体がメタンとわかれば、言うまでもなく水上置換となる。

第5問 (5点満点)

配点 出題内容 難易度
問12 分子量分布と平均分子量 やや易
問2 3 高分子化合物の製法 標準

問1は高分子化合物の分子量分布のグラフから、平均分子量がどのような値になるかを考察する問題だが、分布のグラフがきちんと読み取れれば平易。問2は、アセテート繊維の製法や天然ゴムの製法など、高分子化合物の製法の中でもやや細かい知識が必要であるが、綿がほぼセルロースからなることを知っていれば問題なく解ける。

第6問 (5点満点)

配点 出題内容 難易度
問12 ホルムアルデヒドを原料に用いない合成高分子 やや易
問2 3 ポリエチレンテレフタラートの平均分子量 標準

選択問題で、合成高分子からの出題。問1のホルムアルデヒドを原料に用いない合成高分子化合物を選ぶ問題は、選択肢がいずれも標準的で、アクリル繊維がポリアクリロニトリルを主成分とすることを知っていれば平易。問2のポリエチレンテレフタラートの平均分子量を求める問題は、Aの両端がカルボキシ基であることに注意すれば、その後の求め方は標準的。

第7問 (5点満点)

配点 出題内容 難易度
問12 二糖類の構造と性質 やや易
問2 3 ジペプチドを構成するアミノ酸の決定 やや難

選択問題で、天然高分子からの出題。問1の二糖類の構造と性質については選択肢がいずれも基本知識であるので平易。問2のジペプチドを構成するアミノ酸を質量パーセントのグラフから決定する問題は、グラフから必要な情報を読み取り、さらに計算もする必要があるのでかなり考察的。ただ、Aに硫黄が含まれていることに気づけば、選択肢は半分に絞ることができる。

大学入試センター試験平均点(過去5年分)

年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度
平均点 60.57点 51.94点 54.48点 62.5点
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。


センター・国公立2次試験日程
1月14・15日 センター本試験
1月21・22日 センター追試験
1月23日~ 国公立2次出願受け付け
2月25日~ 国公立2次前期試験
3月1日~ 前期合格発表(公立大学)
3月6日~ 前期合格発表(国立大学)
3月8日~ 公立中期試験
3月12日~ 後期試験
3月20日~ 中・後期合格発表

※日程は変更になる場合があります

ページTOP