世界史B

 
無断転載禁止

総評と分析

出題の大半を正誤判定が占める構成で、近年の傾向通りに知識重視の出題であった。

出題形式は昨年と全く同じで、4択の正誤判定が全体の4分の3を占めた。出題地域は東洋史、特に東アジア史からの出題が増加した。また、時代別に見ると、近現代史からの出題が増加し、現代史の問題がやや多かった。出題ジャンルでは、社会経済史が激減し、文化史の出題が大きく増加した。

問題分析

大問数 大問数は4で、昨年と変わらず。
設問数 設問数は36で、昨年と変わらず。
解答数 解答数は36で、昨年と変わらず。

問題量

  • 問題文や選択肢の文の長さは、例年と変わらず。

出題分野・出題内容

  • 西洋史からの出題がやや減少し、東洋史、特に東アジア史からの出題が増加した。結果的に昨年よりも地域間のバランスが良くなった。
  • 近現代史からの出題が増加し、前近代史とのバランスが良くなった。小分けの時代区分では、近世史からの出題が激減し、代わって古代史と現代史からの出題が増加した。
  • 社会経済史が激減した。一方で文化史が激増しており、対策の有無が問われた。

出題形式

  • 4択の正誤判定が全体の4分の3を占めており、a・bの正誤判定も含めると8割を超える分量であった。
  • 昨年は2問の出題だった地図問題が1問に減少した。
  • その他に年表の問題・a~cの時系列問題・グラフの問題が1問ずつ出題された。

難易度(全体)

  • 総合的には昨年並。個々の解答のポイントは明確で解答を出しやすかったが、受験生の対策が追いついていないことが多い文化史や現代史からの出題が多かった。

設問別分析

第1問 (25点満点)

配点 出題内容 難易度
A9 フランドルの画家 標準
B 8 古代アテネのアクロポリス 標準
C 8 メキシコにおける聖母伝承 標準

「文化の繁栄や受容」がテーマで幅広い時代から、文化史の問題が多く出題された。問3の吟遊詩人の内容はやや抽象性が高いが、消去法で対応できる。問4では三大悲劇詩人やイオニア人など、誤文に細かい用語が含まれた。問5のベルンシュタインは、シュタインの誤り。音が似ているので注意。問7の授時暦が元代という知識は易しいが、「コーヒーを飲む習慣」については教科書の記述が乏しく、意表を突かれたかもしれない。問8のアギナルドや問9のマクシミリアンは、やや細かい用語。

第2問 (25点満点)

配点 出題内容 難易度
A9 イギリスとフランスの抗争 標準
B 8 冷戦 標準
C 8 鄧小平と日中関係 標準

世界史上の戦争や対外関係をテーマとして、主に近代以降の政治史が、正誤判定問題によって問われた。問3 は文化史の問題だが比較的易しく正解しておきたい。問6から問9は現代史からの出題で、学習の進み具合が試された。問6はやや細かい。SALTの時期を把握できていただろうか。問8は、誤答の選択肢に難しいものはあるが、正解である鄧小平が文化大革命中に批判された部分は知っておきたい。問9はベトナムが侵攻した国を問う問題で、現代の東南アジア史まで対策が出来ていたかどうかがポイントとなった。

第3問 (25点満点)

配点 出題内容 難易度
A9 イスラーム世界の大図書館 標準
B 9 大英図書館とマルクス 標準
C 7 ケーニヒスベルクの図書館とカント やや難

図書館や書物をテーマとした大問。古代から中世、近現代にかけて、東洋史が若干多く出題された。また、文化史が4問と多くを占めた。問1は後ウマイヤ朝の君主がカリフを名乗ったのはファーティマ朝の君主に対抗したためということを理解しているかが問われたが、難しい。問4は正解の選択肢ではないが、アンゴラを植民地化したのはポルトガルで、やや細かい。問8の地図問題は正解のダンツィヒの場所は把握しておきたい。問9はユスティニアヌスが6世紀に在位した君主であることに注意したい。正答であるマヌ法典の内容はやや細かい。

第4問 (25点満点)

配点 出題内容 難易度
A9 前漢・武帝期の東西交流 標準
B 8 東南アジアの日本人 標準
C 8 第一次世界大戦とオーストリア=ハンガリー帝国 標準

世界史上の人やモノの移動がテーマの大問で地域・時代ともに万遍なく出題され、文化史とグラフ問題が含まれる。問3では、バクトリアとパルティアを混同しないよう注意したい。問6の詞はやや細かいが、消去法で正答を導き出せる。問7は受験生が苦手とする東欧現代史からの出題である。ブルムはすぐに外したいが、国名と指導者の関連を整理しておきたい。問9はグラフを使った問題である。サン=ステファノ条約の成立年を押さえる必要があり、やや細かい。

大学入試センター試験平均点(過去5年分)

年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度
平均点 65.36点 67.97点 65.44点 67.25点 65.64点
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。


センター・国公立2次試験日程
1月18・19日 センター本試験
1月25・26日 センター追試験
1月27日~ 国公立2次出願受け付け
2月25日~ 国公立2次前期試験
3月1日~ 前期合格発表(公立大学)
3月6日~ 前期合格発表(国立大学)
3月8日~ 公立中期試験
3月12日~ 後期試験
3月20日~ 中・後期合格発表

※日程は変更になる場合があります

ページTOP