物理基礎

 
無断転載禁止

総評と分析

出題形式に変更はなし。また、共通テストを意識したと思われる問題は見られなかった。全体的に基本問題が中心の出題は変わらず。

第1問は小問集合、第2問、第3問はA、Bに分割されての出題、およびグラフ選択、数値計算、答の組合せを問う問題等の出題の形式については昨年と変わらなかった。また、共通テストの試行調査で示されたような特徴ある問題は見られなかった。基本問題を中心とした出題であり、取り組みやすい問題が多かったが、やや考察力を要する問題も見られた。第2問の問2のグラフ選択は落ち着いて対応しないとミスしやすいと思われる。

問題分析

大問数 大問数は3で昨年と変更なし。
設問数 設問数は13で昨年と変更なし。
解答数 解答数が、昨年の14から13に減少した。

問題量

  • 数値計算の問題(数値を答える問題を含む)が、昨年の5から4に減少した。
  • グラフ選択の問題は、昨年と同様1であった。
  • 答の組合せを問う問題は、昨年の6から4に減少した。

出題分野・出題内容

  • 第1問は、物理基礎全範囲からの小問集合。ただし、昨年は出題された原子分野からの出題はなかった。
  • 第2問は、Aが波のグラフ、Bが電源と3つの抵抗からなる直流回路。
  • 第3問は、Aがゴムひもにつけた小球の落下運動、Bが小球の放物運動。

出題形式

  • 第1問は小問集合形式。第2問、第3問は、A、Bに分割され、それぞれ異なる題材からの問題となっている。

難易度(全体)

  • 難易度は易化。基本問題を中心とした出題であり、やや思考力・計算力を要する設問もあったが、全体としては取り組みやすい構成である。

設問別分析

第1問 (20点満点)

配点 出題内容 難易度
問14 弾性力 標準
問2 4 仕事と運動エネルギー 標準
問3 4 送電の仕組み 標準
問4 4 うなり 標準
問5 4 標準

問1は3本の並列ばねが取り付けられた物体の力のつり合いであり、確実に得点したい。問2は物体を引く方向による運動エネルギーの変化の違いを考える問題。設定は平易であるが重力の成分の寄与の違いをイメージする必要があり、思考力を要する。問3は送電に関する知識問題であり、交流送電の利点を理解していないと正答を得られない。2016年の本試験に類題がある。問4はうなりに関する基本問題であるが、うなりの公式の理解度が問われている。問5は熱の正誤問題である。選択肢のいずれも平易な内容で判断しやすい。

第2問 (15点満点)

配点 出題内容 難易度
A8 波の重ね合わせ 標準
B 7 電気抵抗と電力 標準

A:問1はグラフから波の速さを求める設問であり、基本的である。問2ではパルス波の重ね合わせによる振動の時間変化を表すグラフを求める設問である。波形のグラフから変位の時間変化を正確につかみ、重ね合わせの結果を丁寧に考える必要があるため内容に比して取り組みづらい設問であった。B:問3はオームの法則に関する基本的な設問であるが、回路になっている部分を適切に回路図から判断する必要がある。問4は消費電力の基本的な計算であるが、スイッチの切り替えによる変化を正しくつかむ必要がある。合成抵抗または電流の変化に着目したい。

第3問 (15点満点)

配点 出題内容 難易度
A7 自由落下・弾性エネルギー 標準
B 8 斜方投射 やや易

A:ゴムひもにつながれた小球の運動を扱った。受験生には見慣れない問題設定であったと思われる。問1は自然長の位置までの自由落下に関する基本的な設問である。問2はゴムひもの弾性エネルギーを考慮する設問であるが、ゴムひもの自然長の前後で挙動が変化するため、やや取り組みづらい。位置エネルギーと運動エネルギーの変換過程を正しくイメージする必要がある。B:典型的な斜方投射に関する設問である。教科書では発展事項となる斜方投射であるが、速度を分解した成分が与えられており、三角比を計算する必要がないなど取り組みやすい。問3は水平方向の等速運動、問4は鉛直方向の鉛直投げ上げ運動に関する基本的な設問であり、確実に得点したい。

大学入試センター試験平均点(過去5年分)

年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度
平均点 30.58点 31.32点 29.69点 34.37点 31.52点
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。


センター・国公立2次試験日程
1月18・19日 センター本試験
1月25・26日 センター追試験
1月27日~ 国公立2次出願受け付け
2月25日~ 国公立2次前期試験
3月1日~ 前期合格発表(公立大学)
3月6日~ 前期合格発表(国立大学)
3月8日~ 公立中期試験
3月12日~ 後期試験
3月20日~ 中・後期合格発表

※日程は変更になる場合があります

ページTOP