地学基礎

 
無断転載禁止

総評と分析

正確な知識と地学現象における時間的・空間的スケール、図表の読み取りを扱う問題が中心の出題。

2017年度以来の大問数4となり、自然災害が独立した大問となった。正確な知識を必要とする問題に加え考察・読図・計算を含む多彩な問題が出題された。また、図表や問題文を注意深く読み取らせる問題が増加した。

問題分析

大問数 大問数は4で昨年より1増加。
設問数 設問数は15で昨年と変化無し。
解答数 解答数は15で昨年と変化無し。

問題量

  • 時間に対して適量と思われる。
  • 大問数と図版が増えた分、下書き用紙を除くと5ページ分増加した。

出題分野・出題内容

  • 時間的・空間的スケールを問う問題が目立った。
  • 組合せ問題などで正確な知識を問う問題が目立った。
  • 長文の問題文の読解や、問題文の読み落としに注意する必要がある。
  • 図表の読み取りが複数出題され、考察に時間を要する問題もある。

出題形式

  • 6択形式の問題は4題と昨年より1題減少し、4択形式の問題が11題となった。例年通り正文・誤文・穴埋め・計算・読図・考察などが盛り込まれた多彩な出題形式だった。

難易度(全体)

  • やや難化。6択問題が1題減少した一方、図や文章の読み取りの量が増加し、考察に時間を要する問題もあった。また、問題文の指示などを注意深く読み取らないと失点する問題もあった。時間や空間のスケールを問う問題が多く、地学的な現象の空間スケールやできごとの時間スケールを普段から意識しているかどうかで解答に要する時間が変わったと思われる。

設問別分析

第1問 (20点満点)

配点 出題内容 難易度
6 地震、プレートテクトニクス 標準
7 堆積構造の観察、地球史上のできごとの年代 やや易
7 安山岩質溶岩中の鉱物、変成岩の形成 やや難

Aの問1は地震に関する基本的な問題である。問2はホットスポットの形成がプレートの運動と関係ないことに気づけるかどうかである。Bの問3はクロスラミナ(斜交葉理)と級化層理(級化成層)からの地層の上下判定に関する基本的な読図問題である。問4は植物の進化に関するできごとの組合せを地球史の時間軸上から選ぶ問題で、できごとの順番とリンボクの繁栄した石炭紀が2.5億年前以前であることがわかれば正答を選べる。Cの問5は安山岩の造岩鉱物、問6は変成岩の形成に関する知識問題である。

第2問 (10点満点)

配点 出題内容 難易度
6 台風通過に伴う風の変化、温帯低気圧の構造 やや難
4 海氷形成に伴う海水の沈み込みの理由

Aの問1は台風の通過に伴う風の変化を問う問題で、複数の観測所での記録があることで、2018年の新テスト試行で出題された同様の問題よりも正答を導きやすくなっている。問2は温帯低気圧の構造を問う問題で、通常教科書に載っている南側から見た構造ではなく、北側から見た構造であることに注意する必要がある。Bの問3は南極周辺や北大西洋北部での海水の沈み込みの理由を問う基本的な知識問題である。

第3問 (10点満点)

配点 出題内容 難易度
10 宇宙史上のできごとの年代、天体の大きさ、惑星の質量と密度 標準

問1は宇宙史の時間軸上における最初の恒星の誕生、太陽系の誕生、太陽の巨星への進化の位置を問う問題である。最初の恒星の誕生が宇宙の誕生から数億年後であることは細かい知識だが、宇宙の年齢に比べて非常に短い時間であることさえおさえておけばよい。問2は星団、銀河群、惑星状星雲の天体写真を空間スケールが大きい順に並べるもので、問題文に書いてある天体名からそれぞれの写真を選べば難しくはない。問3は地球、木星、天王星から質量が最大のものと平均密度が最大のものを選ぶ知識問題である。

第4問 (10点満点)

配点 出題内容 難易度
10 地震による自然災害、ハザードマップ、降灰分布予測 標準

本年は自然災害に関する問題が独立した大問となった。問1は地震がもたらす自然災害の知識を問うた問題である。問2はハザードマップ、問3は降灰分布予測図の読み取りである。問2は選択肢を1つずつ検討しなければならず解答に時間を要する。問3は風向の読み取りと到達時間の計算を組み合わせた問題で、計算は概算でも正答できる。

大学入試センター試験平均点(過去5年分)

年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度
平均点 29.62点 34.13点 32.5点 33.9点 26.99点
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。


センター・国公立2次試験日程
1月18・19日 センター本試験
1月25・26日 センター追試験
1月27日~ 国公立2次出願受け付け
2月25日~ 国公立2次前期試験
3月1日~ 前期合格発表(公立大学)
3月6日~ 前期合格発表(国立大学)
3月8日~ 公立中期試験
3月12日~ 後期試験
3月20日~ 中・後期合格発表

※日程は変更になる場合があります

ページTOP