読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

生物

 
無断転載禁止

総評と分析

第1日程と同様、分野横断的な問題が多く出題され、特定のテーマに関する複数の資料を解析する思考力が求められた。

すべて必答問題であった。生物学的に重要なテーマを、多様な視点より複数の分野から解析させていく分野横断的な出題であり、実験・観察や資料解析を通じて読解力や考察力・解析力など総合的な理解度を試す内容となっている。

センター試験・試行調査との相違点(第1日程との相違点)

  • 大問ごとに出題分野が独立しているセンター試験とは異なり、多くの大問で分野横断的に出題され、センター試験以上に思考力が試される内容であった。また、選択問題が廃止されすべて必答問題となった。第1日程との大きな変化はないが、大問ごとの分量や配点のばらつき方が異なっていた。

問題分析

大問数 6
設問数 26
解答数 27

問題量

  • 大問数・設問数・解答数およびページ数は、第1日程と同程度である。大問数は昨年同様6題であり、試行調査の5題から増加した。問題ページ数31ページは、昨年の34ページより減少し試行調査の30ページと同程度であった。

出題分野・出題内容

  • 多くの大問で、観察材料や特定のテーマを題材として、複数の分野から多くの視点が盛り込まれて出題された。
  • 単純な知識問題や、与えられた文章や資料のみから考察できる問題はあまり見られず、知識を活用する問題や、基本的な理解を基に課題を解決していく問題が中心であった。

出題形式

  • 第1問・第2問は設問数(7問・6問)、配点(25点・22点)ともに多く設定され、第3〜6問は設問数(3〜4問)、配点(12〜15点)が少なく設定された。
  • A・Bの中問に分かれているのは第1問のみであった。

難易度(全体)

  • 昨年度のセンター試験と比べて同程度、試行調査(2018年度実施)と比べて易化。昨年度よりも思考力が試される内容だが、設問数が少ないため十分時間をかけて考察できる。

設問別分析

第1問 (25点満点)

配点 出題内容 難易度
A 13 免疫グロブリン 標準
B 12 植物の生殖 標準

A:免疫グロブリンを題材に、細胞と分子、遺伝情報、進化の分野から出題された。問1はタンパク質の知識。問2は中立進化や自然選択の理解が必要。問3は指示に合うように抗体を切断するパズル問題。問4は非同義置換がXは多くYは少ないことから考えるが、消去法でも求められる。X・Yとも可変部であることを忘れないようにすること。B:植物の生殖に関する、遺伝情報の分野との融合問題。問5は電気泳動の知識。問6は図を読み取ればよい。問7は、雌性配偶子が運ばれないことに注意。

第2問 (22点満点)

配点 出題内容 難易度
22 植物と光、植物ホルモン 標準

植物の光の利用について、代謝および環境応答の分野から出題された。問1は同一種について問うているので、選択肢を読めば明らか。問2はいずれも事実だが、実験からわかることを選ぶ。問3は図から光の強さが急に下がっている高さを選ぶ。問4は2つの図の数値を照合しながら選択肢を吟味する。一日を通すと夜も含まれることに注意。問5はフィトクロムの知識があれば容易だが、グラフの読解だけでも解答が可能である。問6は前問を踏まえて考えるが、暗記に頼った知識では誤答しやすい。

第3問 (14点満点)

配点 出題内容 難易度
14 エネルギー収支、生態ピラミッド 標準

サンゴ礁の生態系を題材とした考察問題。問1のイは、年間被食量と現存量の資料から推測を含めて解答する。問2は与えられた数値で行う計算問題。問3は前問の計算結果を踏まえ、知識にとらわれず解答することがポイントとなる。

第4問 (15点満点)

配点 出題内容 難易度
15 腎臓での再吸収 標準

生物基礎の尿生成のしくみについての理解を土台として、細胞と分子の分野から細胞膜での物質輸送について出題された。リード文は会話形式であった。問1は腎臓におけるグルコースの動向を正確に理解しておく必要がある。問2は薬剤を用いた実験を設定する問題。明らかな誤りがあるので解答は選びやすい。問3は説明の整合性から考え、それに合致する図を選ぶ。問4は会話文の空欄補充。図と文脈の読解とモータータンパク質の基本知識を活用する。

第5問 (12点満点)

配点 出題内容 難易度
12 節足動物の脚の形成 標準

ショウジョウバエとアルテミアの脚形成について、発生および進化の分野から出題された実験考察。問1はリード文をよく理解すれば解答できる。問2は実験結果を考察する。抑制する、しないの区別が何の有無と一致するかを探す。問3は分子系統樹の説明文の空欄補充だが、変化したのがショウジョウバエの側だとわかれば、共通祖先はアルテミアと同じだとわかる。

第6問 (12点満点)

配点 出題内容 難易度
12 メンフクロウの音源定位 標準

環境応答の分野からの出題。問1は耳での音の高低の識別についての知識。内耳にある他の感覚受容器に関する記述もあるので注意。問2は作図による計算問題。補助線が描かれており、必要な値は1:2=x cm:5 cmから容易に出せるので、後は速度の計算をする。問3は神経系のモデルを用いた考察問題。ニューロン間の刺激の移動が0.025秒なので、文章の過程に沿って考えていく。

大学入試センター試験平均点(過去5年分)

年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度
平均点 57.56点 62.89点 61.36点 68.97点 63.62点
ADOBE READER ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。


読売新聞購読申し込み
   
共通テスト・国公立2次試験日程
1月16・17日 本試験 第1日程
1月30・31日 本試験 第2日程
2月13・14日 特例追試験
1月25日~ 国公立2次出願受け付け
2月25日~ 国公立2次前期試験
3月3日~ 前期合格発表(公立大学)
3月6日~ 前期合格発表(国立大学)
3月8日~ 公立中期試験
3月12日~ 国公立後期試験
3月20日~ 中・後期合格発表

※日程は変更になる場合があります

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)