医学部不正、7大学の評価「不適合」に…否定続ける聖マリ医科大も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 医学部の不正入試問題に絡み、公益財団法人・大学基準協会は5日、日本大、聖マリアンナ医科大など7大学について、運営状況などの評価を「不適合」にしたと発表した。問題発覚後に審査をやり直し、2013~17年度に「適合」としていた評価を変更した。聖マリアンナ医科大は、第三者委員会が不正行為を認定する一方、大学側は否定しているが、同協会は「入学者選抜の方法には明らかに問題がある」と判断した。

 7大学は、日本大、聖マリアンナ医科大のほか、岩手医科大、金沢医科大、北里大、順天堂大、福岡大。

 大学は、同協会など、文部科学相が認定した外部評価機関の審査を少なくとも7年に1回受けなければならない。「不適合」の場合は、教育プログラムの開発に関する国の補助金を申請できなくなる。

 同協会は今回、医学部入試で女子や浪人生への差別や、特定の受験生への優遇などが指摘された7大学について、「公正かつ適切な学生の受け入れが実施されているとはいえない」と判断した。聖マリアンナ医科大はホームページで「決定を厳粛に受け止めている」とのコメントを発表した。

 この問題では、文科省が18年、10大学の入試で不適切またはその疑いがあると指摘。東京医科大については、同協会が昨年3月、評価を不適合に変更した。昭和大と神戸大は別の外部評価機関の認証を受けている。

無断転載禁止
1042303 0 ニュース 2020/02/05 19:00:00 2020/02/05 19:00:00 2020/02/05 19:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ