現在位置は です

本文です

「金」選手間違え、授与し直し…パラリンピック

 【ロンドン=中村亜貴】ロンドンパラリンピック大会組織委員会は31日、陸上円盤投げ女子で、データの入力ミスから金、銀、銅の対象選手を間違えて授与したと発表した。

 1日に授与をやり直す。

 同委員会によると、本来なら中国の選手に金、ウクライナの選手に銀、オーストラリアの選手に銅を授与するところを、誤ってウクライナの選手に金、中国の選手に銀、4位の別の中国選手に銅を授与してしまった。

 「脳性まひ」種目で、障害の重さが「5」と「6」のクラスが合同で行われた際に起きた。競技では実際の距離だけでなく、障害の重さに応じたポイントも算入することになっており、その際、数字の入力を誤ったという。砲丸投げ男子「切断など」の2と4でも同様のミスがあったが、メダルに影響はなかった。

2012年9月1日11時25分  読売新聞)