現在位置は です

本文です
ソチの顔 世界のスターたち

「金」大本命、本気の滑り…パトリック・チャン

フィギュアスケート男子 パトリック・チャン 23 (カナダ)

総合力で男子フィギュア界をリードしてきたパトリック・チャン=杉本昌大撮影

 滑りの正確さと4回転ジャンプを併せ持ち、総合力で男子フィギュア界をリードしてきた。

 圧巻だったのは、昨年11月のグランプリ(GP)シリーズ、フランス杯。ショートプログラム(SP)、フリーともにミスのない完璧な演技で、世界歴代最高点を更新し、五輪で金メダルの大本命であることを世界中に知らしめた。

 エッジに正確に乗った滑りは力強く、「氷上で体を自在にコントロールできる」という域に達している。幼少時代に教え込まれた基礎練習が生きているという。さらに、4回転ジャンプをSPとフリーで計3度跳ぶ難しい構成を3シーズン前から続け、プログラムの完成度は群を抜く。今季3度対戦した羽生(はにゅう)結弦(ゆづる)(ANA)も「あの滑りをして、ジャンプも決められたら、勝つすべがない」と感嘆する。

 地元の期待を背負ったバンクーバー五輪は5位。翌シーズンから世界選手権を3連覇し、雪辱を胸にソチに乗り込む。昨年12月のGPファイナルでは、羽生に敗れた。SPの世界歴代最高得点も塗り替えられたが、「僕のプログラムには、勝つために必要な要素がそろっている。いい演技をすれば誰にも負けない」と言い切る。本気の滑りに注目だ。(永井順子)

 2010年バンクーバー五輪5位。11〜13年世界選手権3連覇、08〜14年カナダ選手権7連覇。フリー、合計の世界歴代最高得点保持者。

 ソチ五輪の開幕が2日後に迫った。4年に一度の大舞台を沸かせる世界のスーパースターたちの横顔を紹介する。

2014年2月5日14時05分  読売新聞)

 ピックアップ

トップ


現在位置は です