現在位置は です

本文です

41歳葛西、悲願の銀…ジャンプ日本4大会ぶり

銀メダルが確定し日の丸を手に笑顔でVサインをする葛西(15日、ロシア・ソチで)=高橋はるか撮影

 【ソチ=読売取材団】ソチ五輪は15日、スキージャンプ男子個人ラージヒル(LH)で葛西紀明(土屋ホーム)が2位となり、7度目の五輪で個人種目初のメダルに輝いた。

 41歳254日でのメダル獲得は、冬季五輪の日本勢では最年長記録で、バンクーバー大会スピードスケート女子団体追い抜きで銀メダルだった田畑真紀の35歳を大幅に更新した。冬季の個人種目では史上4番目、ジャンプでは五輪最年長。伊東大貴(だいき)(28)(雪印メグミルク)は9位、清水礼留飛(れるひ)(20)(同)は10位、竹内択(26)(北野建設)は13位だった。

2014年2月16日20時01分  読売新聞)

 ピックアップ

トップ


現在位置は です