文字サイズ

バドミントン

高橋選手に市民栄誉賞、松友選手招きパレードへ

  • リオデジャネイロ五輪・バドミントン女子ダブルスで金メダルを取った高橋選手(左)と松友選手
    リオデジャネイロ五輪・バドミントン女子ダブルスで金メダルを取った高橋選手(左)と松友選手

 リオデジャネイロ五輪バドミントン女子ダブルスで金メダルに輝いた奈良県橿原市出身の高橋礼華あやか選手(26)に対し、市は、市民栄誉賞を授与すると発表した。

 10日、ペアを組んだ松友美佐紀選手(24)も招いて市内で凱旋がいせんパレードを行った後、祝賀会で贈呈する。

 市民栄誉賞は、日本バドミントン界初の五輪金メダルをたたえて新設し、高橋選手が受賞第1号となる。松友選手にも感謝状を贈る。森下豊市長は「子どもたちに希望と感動を与えた功績は大きい」と話した。

 パレードは、10日午前10時から、近鉄橿原神宮前駅前で式典を開催し、同20分頃に駅前を出発。2人は輿こしに乗るなどして橿原神宮の南神門まで移動し、参拝する。

2016年09月04日 13時48分 Copyright © The Yomiuri Shimbun