文字サイズ

バドミントン

バド「タカマツ」ペア、報奨金1人500万円

 日本バドミントン協会は10日、理事会を都内で開き、リオデジャネイロ五輪の女子ダブルスで金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)に1人500万円、女子シングルスで銅メダルの奥原希望(日本ユニシス)に300万円の報奨金を贈ることを決めた。

2016年09月10日 19時48分 Copyright © The Yomiuri Shimbun