文字サイズ

サッカー

ブラジル、サッカー初の「金」…PK戦で独下す

  • 表彰式で金メダルを胸に天を仰ぐネイマール(中央)(20日、ブラジル・リオデジャネイロで)=三浦邦彦撮影
    表彰式で金メダルを胸に天を仰ぐネイマール(中央)(20日、ブラジル・リオデジャネイロで)=三浦邦彦撮影
  • PK戦でドイツを破り、喜ぶネイマール(右から2人目)ら(20日、ブラジル・リオデジャネイロで)=金沢修撮影
    PK戦でドイツを破り、喜ぶネイマール(右から2人目)ら(20日、ブラジル・リオデジャネイロで)=金沢修撮影
  • 26分、直接FKを決め先制し喜ぶネイマール(左)(20日、ブラジル・リオデジャネイロで)=金沢修撮影
    26分、直接FKを決め先制し喜ぶネイマール(左)(20日、ブラジル・リオデジャネイロで)=金沢修撮影

 リオデジャネイロ五輪は第16日の20日(日本時間21日)、サッカー男子決勝が行われ、開催国ブラジルがドイツをPK戦(5-4)の末に下し、初の金メダルを獲得した。

 ブラジルは26分、エースのネイマールがフリーキックを直接決めて先制した。

 後半に入り、ドイツは59分、マイヤーのゴールで同点に追いついた。1-1のまま延長戦(15分ハーフ)でも決着がつかず、PK戦に入った。

 PK戦では、両チームとも4人目まで決めたが、ドイツの5人目が失敗し、ブラジルは5人目のネイマールが決めた。

 決勝に先立って行われた3位決定戦では、グループリーグで日本を下したナイジェリアが、ホンジュラスに3―2で勝って銅メダルを獲得した。

2016年08月21日 08時12分 Copyright © The Yomiuri Shimbun