文字サイズ
観戦ミニガイド

卓球…暗号のようなプレースタイル

「右S裏表前陣速攻」とは?

  • 「右S裏表前陣速攻」の福原
    「右S裏表前陣速攻」の福原

 オリンピックの球技で、一番小さいボールを使う競技。その小さなボールを打ち合うスピード感あふれるプレーが魅力だ。大国・中国の壁は厚いが、日本勢にメダルの期待もかかる。

 「右S裏表前陣速攻」。まるで暗号のような言葉が並ぶが、これを一目見て意味が理解できる方は、かなりの卓球経験者、卓球マニアだろう。

 これは日本卓球協会が紹介するリオ五輪代表、福原愛のプレースタイルだ。一つひとつ説明すると、「右」は右利き、Sは後述するが、シェークハンドと呼ばれるラケットの握り方。裏・表は、簡単にいえばラケットに貼るラバー。凸凹があるのが表、平らなのが裏。そして最後の「前陣速攻」が本来の意味でのプレースタイルをあらわしている。

 卓球では、選手が立つ位置を、卓球台に近い順に「前陣」、「中陣」、「後陣」と呼ぶことを、覚えていただいた上で、選手のプレースタイルを大別すると、「前陣速攻」、「ドライブ主戦」、「カット主戦」に分かれる。少し説明しよう。

【前陣速攻】

 卓球台に張り付くように立ち、速いピッチでショットを繰り出して、スピードで相手を打ち負かすスタイル。リオ五輪代表では女子の福原、伊藤美誠がこのタイプとされている。

【ドライブ主戦】

  • 「左S裏裏ドライブ」の水谷
    「左S裏裏ドライブ」の水谷

 中陣から後陣に立ち、ボールに前方回転をかけるショットを中心として攻めるスタイル。現在の主流とされるが、ボールを前でさばくことも多く、前陣速攻との差はあまりなくなってきている。リオ五輪代表では、男子の水谷隼、丹羽孝希、吉村真晴、女子の石川佳純がこのタイプ。

【カット主戦】

 後陣に立ち、後方回転を中心に強い回転をかけたボールを粘り強く打ち返すことにより、相手のミスを待つ、「守備型」のスタイル。実はこのタイプとの対戦を苦手とする日本の選手は多い。

 もちろん、前陣速攻の選手が後方に下がることもあるし、カット主戦の選手がドライブやスマッシュを打つこともある。水谷選手はオールラウンド型と呼ばれることもあるように、プレースタイルはあくまで目安だ。

ラケットは「握手」か「ペン」か?

  • シェークハンドの握り
    シェークハンドの握り
  • ペンホルダーの握り
    ペンホルダーの握り

 ラケットの持ち方は、握手するようにラケットを握る「シェークハンド」と、鉛筆を握るように持つ「ペンホルダー」に代表される。

 ロンドンオリンピックの女子団体で、卓球では初のメダルとなる銀メダルに輝いた日本代表。石川、福原らが個人でもメダルを目指すリオ大会の代表は、男女6人全員がシェークハンドで、フォアでもバックでも対応でき、現在の主流ともいえる。

 利き腕でいえば、日本代表6人のうち、石川と水谷、丹羽が左利き、福原、伊藤、吉村は右利き。ただし、水谷は、幼いころは右利きだったのを、卓球で有利なようにと左でプレーするようになった。世界にはティモ・ボル(ドイツ)のように、ラケットを持ち替えて「両打ち」を見せる選手もいる。

 ラケットの面に貼るラバーは、表ラバーは表面に粒が出ているので球離れが速い。裏ラバーは平らなので、ボールとの接触面積が広く、回転がかけやすい。

 つまり、福原は、右利きで、表面に平らな裏ラバー、裏面に凸凹の表ラバーを貼ったラケットをシェークハンドで握り、卓球台の近くに立ち、速攻が得意な選手、ということになる。

長時間試合を防ぐ「促進ルール」

 卓球の面白いルールもいくつか挙げておこう。サーブでトスを上げる際、選手はボールを握らずに、手のひらに乗せている。しっかり握ったほうが、正確なトスが上げられそうなものだが、実は、ルールで決まっている。トスを上げるボールを握ってはいけないし、いったん静止させなければいけない。トスはほぼ垂直に16センチ以上投げ上げ、落ちてくる途中に打たなければいけない。トスを上げてから打つ瞬間まで、相手にボールをはっきり見せなくてはいけない。サーブにまつわるルールは意外と細かい。

 長時間試合を防ぐための「促進ルール」と呼ばれる規則もある。各ゲーム(11ポイント先取制)開始後、10分たってもそのゲームが終了しない場合、適用される(両者のスコアの合計が18以上の時は適用されない)。促進ルールでは、レシーバー(サーブを受ける選手)が13回返球すると、レシーバーのポイントとなる。通常では2本ずつで交代するサービスも1本交替に変更となる。

関連記事

・愛にはコレが必要! 卓球・福原愛のシューズの秘密

石川は「金」、福原「恩返し」…卓球代表が決意

円熟27歳、チームの柱…福原愛(27)(ANA)

2016年08月03日 17時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun