文字サイズ

柔道

100キロ級代表の羽賀龍之介、順調な回復ぶり

 柔道男子のリオデジャネイロ五輪代表が15日、宮崎県延岡市で強化合宿を公開し、けがで調整が遅れていた100キロ級代表の羽賀龍之介(旭化成)が順調な回復ぶりを見せた。

 3月に左膝を痛めたが、乱取りでは得意の内股で何度も相手を投げ飛ばし、全日本男子の井上康生監督は「100%に近い状態」と評価。羽賀は「本番まで一日も無駄にはできない」と気を引き締めた。

2016年06月15日 19時07分 Copyright © The Yomiuri Shimbun