文字サイズ

メダリスト、7日に銀座集結し合同パレード

 銀座や日本橋などの東京都心で7日午前、リオデジャネイロ五輪・パラリンピックのメダリストによる合同パレードが行われる。

 2020年の東京大会に向けて機運を高めようと、五輪とパラリンピックのメダリストが初めて一堂に会して行うパレードで、リオでの感動と興奮の再現になる。

 合同パレード実行委員会によると、五輪とパラリンピックのメダリスト計96人のうち五輪選手50人、パラリンピック選手37人が参加する予定(6日現在)。五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した金藤理絵選手や、テニス男子シングルスの銅メダリスト錦織圭選手、パラリンピックの車いすテニス男子ダブルスで銅メダルに輝いた国枝慎吾選手らは、遠征などのため欠席する。

(ここまで315文字 / 残り215文字)
2016年10月06日 22時24分 Copyright © The Yomiuri Shimbun