文字サイズ

吉田知那美、ソチ後「戦力外」…一人旅続け復活

  • 吉田知那美選手
    吉田知那美選手

 24日夜の平昌ピョンチャン五輪カーリング女子3位決定戦に出場する「LS北見」のサード(第3投者)吉田知那美選手(26)は、前回のソチ五輪に北海道銀行の選手として出場した。

 戦力外通告を受けたが、旅先で出会った人たちに勇気づけられ、故郷でカーリングを再開した。

 ソチ五輪で準決勝進出を逃した数日後、吉田選手は五輪公園の会議室に呼び出され、「戦力外」と通告された。

 リンクに上がることさえ嫌になり、ソチから帰国後、一人旅に出た。最初に訪れたのは、金沢市。加賀友禅の絵付けや着付けを体験した。教えていた加賀友禅作家の浜田泰史さん(53)に、いつの間にか身の上相談をしていた。「人生としてはまだまだこれから」。浜田さんの言葉が胸に染みた。

 富山、軽井沢、東京。出会った人たちと交流しながら、一人旅を続けた。初対面の人の言葉はすっと心に入った。

 1か月後、新千歳空港から、地元の北海道北見市でLS北見を結成した本橋麻里選手(31)に電話をかけ、「チームに入れてほしい」と頼んだ。「私の人生はここで終わりじゃない。納得して終わろう」と思えるようになった。

 23日の準決勝で敗れ、涙を流した吉田選手。24日のメダルをかけた3位決定戦に向け、「誇りと責任を持って一投を決めたい」と話していた。

2018年02月24日 15時04分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

日程・結果

  • メダル確定日
  • 競技実施日

注目選手

カーリング
記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手