文字サイズ
フィギュアスケート

ザギトワとメドベージェワ…「ずれた連続ジャンプ」の影響は

  • フリー終了後、コーチにねぎらわれるザギトワ(左)とメドベージェワ(2018年2月23日、武藤要撮影)
    フリー終了後、コーチにねぎらわれるザギトワ(左)とメドベージェワ(2018年2月23日、武藤要撮影)

 平昌五輪のフィギュアスケート女子は、当初の予想通り、アリーナ・ザギトワとエフゲニア・メドベージェワ=ともに「ロシアからの五輪選手」(OAR)=によるハイレベルな戦いとなった。フリーはともに156.65点の同スコア。ほぼ完璧な演技を見せた2人だが、ともに、ひとつの連続ジャンプが、発表されていたリストと順序が違っていた。「ずれた連続ジャンプ」に絞って、2人の勝負を振り返る。(読売新聞編集委員・三宅宏)

ザギトワは後半に、メドベージェワは前倒し

 ザギトワは最初(といっても演技後半だが)に予定していた3回転ルッツ-3回転ループがルッツの単独になってしまった。

 12.21点を狙っていた基礎点は6.60点に減少。出来栄え点を加えた実際の得点は7.10点で、このまま終われば、ショートプログラムで得ていた1.31点のリードを守りきれなかった。

 ただ、ここから立ち直るのが、ザギトワの強さだ。

 4番目に予定していた3回転ルッツの単独ジャンプに3回転ループを加えた。もし、3回転ルッツの単独だったら、同じジャンプの繰り返しになるうえ、3回転ループ分の得点が消えたままになっていた。ザギトワはこの連続ジャンプを決めたことで、ジャンプ合計の基礎点を当初の予定通り50.71点に戻し、帳尻を合わせた。

 臨機応変で加えた後ろのジャンプが2回転だったら、計算上、メドベージェワに逆転されていた。女子ではザギトワくらいしか出来ないと言われる高難度ジャンプ「3回転ルッツ-3回転ループ」に改めて挑戦して成功させたことが、金メダルへとつながった。

 メドベージェワは、演技後半に予定していた3回転フリップ-3回転トウループの連続ジャンプを冒頭に持ってきた。

 後半のジャンプに付加される「基礎点1.1倍」のメリットはなくなったが、その違いは、0.96点。このジャンプを予定通りに後半に組み込んでいたとしても、それだけでは1.31点差を逆転できなかった。

 今回の二つのずれたジャンプに対して、ザギトワは「手が震えるほど緊張していた。でも体が覚えていた」と話し、メドベージェワは「スポーツに『もし』はない」と言い切っている。

【こちらもどうぞ】

ザギトワとメドベージェワ…2強のフリーはどうなる?

2018年02月24日 11時26分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手
日本の獲得メダル 4 5 4
国別メダル
1 norノルウェー 14 14 11
2 gerドイツ 14 10 7
3 canカナダ 11 8 10
7 kor韓国 5 8 4
11 jpn日本 4 5 4

2/25 17:17