平昌オリンピック アルペンスキー 競技紹介

アルペン

アルペン

 男女ともに回転、大回転、スーパー大回転、滑降、アルペン複合の5種目を実施。新種目として混合団体が加わった。アルペン複合は従来のスーパー複合から種目名が変更された。

 スピード系種目と技術系種目に大別され、スピード系は滑降とスーパー大回転、技術系は回転と大回転で、オールラウンドにこなす選手は少なく、どちらかを得意とするスペシャリストが目立つ。種目によって、標高差や旗門の数、間隔が変わる。1956年のコルティナダンペッツォ五輪(イタリア)の回転で猪谷千春が2位に入り、日本選手初の冬季五輪メダリストとなった。

【競技フォーマット】

▽個人種目

 回転と大回転は2回滑った合計タイム、スーパー大回転と滑降は1回の滑走タイムで競う。スーパー複合は滑降と回転をそれぞれ1回滑り、合計タイムで順位を決める。アルペン複合は1日で滑降と回転それぞれ1回ずつを行い、合計タイムで順位を決める。天候などの状況によっては滑降の代わりにスーパー大回転を実施する場合や、滑降と回転の競技順を変更することもある。


▽混合団体

 平昌の新種目として加わったチーム戦。ワールドカップの国別順位上位16チームが出場し、トーナメント方式で争う。各チームは男女2人ずつ、計4人で構成される。各ラウンドでは並行するコースを1対1で対戦し、勝者が1ポイントを獲得する。同着の場合は両チーム1ポイントを獲得し、4人の合計ポイントで勝敗を決める。同点の場合は各チーム男女それぞれ速い方のタイムの合計で勝ち上がりを決める。

記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手

最新ニュース

日本の獲得メダル 4 5 4
国別メダル
1 norノルウェー 14 14 11
2 gerドイツ 14 10 7
3 canカナダ 11 8 10
7 kor韓国 5 8 4
11 jpn日本 4 5 4

2/25 17:17