文字サイズ

小平奈緒、五輪以来再会の李相花は「私の理想」

  • トークショーを終え笑顔を見せる李相花さん(右)と小平奈緒さん(19日午後、東京都新宿区で)=稲垣政則撮影
    トークショーを終え笑顔を見せる李相花さん(右)と小平奈緒さん(19日午後、東京都新宿区で)=稲垣政則撮影

 平昌ピョンチャン五輪のスピードスケート女子500メートルのレース後に、互いをたたえ合う姿が感動を呼んだ金メダルの小平奈緒選手(31)(相沢病院)と、銀で韓国の李相花イサンファ選手(29)が19日、都内で開かれたトークショーに参加し、五輪以来の再会を果たした。

 ショーは五輪の開催経験を平昌大会から2020年東京大会へと引き継ぐ日韓の交流イベントとして、韓国大使館が主催して行われた。

 互いの魅力を聞かれた小平選手は「普段は普通の女の子という感じだが、リンクでは王者の風格があり、私が理想とするアスリート」とたたえ、李選手は「順位にこだわらずに相手を励ますことのできる選手。私もレース後に励まされたので、涙も更に多く出たのかもしれない」と振り返った。

2018年04月19日 20時15分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

日程・結果

  • メダル確定日
  • 競技実施日
8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

注目選手

記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手
日本の獲得メダル 4 5 4
国別メダル
1 norノルウェー 14 14 11
2 gerドイツ 14 10 7
3 canカナダ 11 8 10
7 kor韓国 5 8 4
11 jpn日本 4 5 4

2/25 17:17