文字サイズ

小林陵がNH7位入賞、伊東20位・葛西21位

  • スキージャンプ男子ノーマルヒル、7位に入賞した小林陵侑の1回目のジャンプ(10日)=上甲鉄撮影
    スキージャンプ男子ノーマルヒル、7位に入賞した小林陵侑の1回目のジャンプ(10日)=上甲鉄撮影
  • ジャンプ男子ノーマルヒル決勝、1回目で31位に終わった小林潤志郎(10日)=若杉和希撮影
    ジャンプ男子ノーマルヒル決勝、1回目で31位に終わった小林潤志郎(10日)=若杉和希撮影
  • ジャンプ男子ノーマルヒル決勝、1回目のジャンプをする葛西紀明(10日)=若杉和希撮影
    ジャンプ男子ノーマルヒル決勝、1回目のジャンプをする葛西紀明(10日)=若杉和希撮影
  • ジャンプ男子ノーマルヒル決勝、伊東大貴の1回目のジャンプ(10日)=若杉和希撮影
    ジャンプ男子ノーマルヒル決勝、伊東大貴の1回目のジャンプ(10日)=若杉和希撮影

 平昌五輪第2日の10日、スキー男子ジャンプノーマルヒルが行われた。

 小林陵侑(土屋ホーム)が1回目に108メートル、2回目に108メートルを飛び、240・8点で日本勢トップの7位で入賞を果たした。

 伊東大貴(雪印メグミルク)は103メートル、102メートルの214・7点で20位。冬季五輪8度目の出場となった葛西紀明(土屋ホーム)は104メートル50、99メートルの213・3点で21位だった。

 エース格の小林潤志郎(雪印メグミルク)は1回目に93メートルと失速し、98・8点で31位。上位30人による2回目に進めなかった。

 優勝は、昨年の世界選手権2位のアンドレアス・ウェリンガー(独)だった。

 強風により競技はたびたび中断。予定通り午後9時35分に始まったが、終了したのは予定より1時間も遅い11日0時20分頃だった。

2018年02月11日 00時22分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

日程・結果

  • メダル確定日
  • 競技実施日
8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

注目選手

記録は時事 ©IOC 2018 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
OARはロシアからの五輪選手
日本の獲得メダル 4 5 4
国別メダル
1 norノルウェー 14 14 11
2 gerドイツ 14 10 7
3 canカナダ 11 8 10
7 kor韓国 5 8 4
11 jpn日本 4 5 4

2/25 17:17