文字サイズ

    五輪経費、350億円削減…観客席「使い回し」

     2020年東京五輪・パラリンピックの開催経費について、大会組織委員会が開催経費の総額を1兆3500億円とする新たな試算をまとめたことがわかった。

     大会関係者が20日、明らかにした。今年5月に東京都、国、開催自治体、組織委の4者で合意した1兆3850億円(予備費を除く)から350億円を削減した。組織委は近く、新たな大会予算案を公表する。

     関係者によると、削減できた要因は競技会場で使うテントやプレハブなど仮設施設の資材について海外からも含めて幅広く見積もりを取った結果、当初よりも安い価格で調達できる見通しが立ったことなど。

     3人制バスケットボールなど追加された種目の会場で他競技の観客席をそのまま利用できるものがあり、経費の増大を抑えることができたのもコスト削減につながった。

    (ここまで340文字 / 残り70文字)
    2017年12月20日 17時35分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP