文字サイズ

    東京五輪マラソン代表、19年9月に選考レース

     日本陸連は15日、都内で記者会見し、2020年東京五輪のマラソン代表決定レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」を19年9月15日に開催し、五輪本番とほぼ同じコースを使うと発表した。

     レース開催時には、五輪コースの発着点となる新国立競技場が未完成のため、MGCの発着点は神宮外苑周辺となる。スタート時間は、午前7時開始で調整中の五輪本番と暑さなどの条件を近づけるため、約2時間遅い午前9時台に設定。男子、女子の順にスタートする。

     MGCでは、男女3枠の五輪代表のうち、各2枠が内定する。昨年8月に始まったMGCの出場権を争う国内指定選考会「MGCシリーズ」などを経て、既に男子13人、女子6人が出場資格を得ている。

    (ここまで315文字 / 残り184文字)
    2018年06月15日 22時36分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP