東京五輪マラソン代表、19年9月に選考レース

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本陸連は15日、都内で記者会見し、2020年東京五輪のマラソン代表決定レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」を19年9月15日に開催し、五輪本番とほぼ同じコースを使うと発表した。

 レース開催時には、五輪コースの発着点となる新国立競技場が未完成のため、MGCの発着点は神宮外苑周辺となる。スタート時間は、午前7時開始で調整中の五輪本番と暑さなどの条件を近づけるため、約2時間遅い午前9時台に設定。男子、女子の順にスタートする。

 MGCでは、男女3枠の五輪代表のうち、各2枠が内定する。昨年8月に始まったMGCの出場権を争う国内指定選考会「MGCシリーズ」などを経て、既に男子13人、女子6人が出場資格を得ている。

 陸連の瀬古利彦・マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「(有力選手)全員がそろって、一緒に走るレースはそうはない。想像しただけでもワクワク感がある」と期待を込めた。MGC出場権獲得者の一人として、会見に出席した17年世界選手権代表の安藤友香(スズキ浜松AC)は「MGCがゴールではなく、東京五輪につなげていけるように、一日一日、日々努力していきたい」と抱負を述べた。

26085 0 スポーツ 2018/06/15 22:36:00 2019/01/16 10:54:16 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180615-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ