文字サイズ

    平昌パラ・スノボ「金」成田緑夢、カヌーに挑戦

    • カヌーの大会に出場した成田緑夢(岩手県奥州市で)
      カヌーの大会に出場した成田緑夢(岩手県奥州市で)

     平昌ピョンチャンパラリンピック・スノーボード金メダリストの成田緑夢ぐりむ(近畿医療専門学校)が29日、岩手県奥州市で開かれたカヌーの「ジャパンカップ」に出場した。

     成田は平昌大会後、別の競技での東京五輪・パラリンピック出場を目指す考えを表明し、カヌーは今回が初挑戦。レースに向けて約2週間、多い日は1日約9時間ほど練習して臨んだ。

     29日はスラロームのカヤックシングル種目に出場し、順位のつかないオープンでの参加。流れの激しい川でのパドル操作に苦しみ、ゲート不通過のミスなどもあったが、2回のレースをいずれもゴールまでぎきった。「(左ひざ下まひの)障害が不利にならない競技からカヌーを選んだ。想像以上の激流で驚いたが、2回目は速さを重視した良いレースができた」と振り返った。

    (ここまで346文字 / 残り48文字)
    2018年07月30日 08時47分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP