文字サイズ

    東京五輪式典「日本らしく」演出の野村萬斎さん

    • 記者会見の最後に握手する、(左から)山崎貴さん、野村萬斎さん、佐々木宏さん(31日午前、東京都港区で)=三浦邦彦撮影
      記者会見の最後に握手する、(左から)山崎貴さん、野村萬斎さん、佐々木宏さん(31日午前、東京都港区で)=三浦邦彦撮影

     2020年東京五輪・パラリンピックで開閉会式の演出を統括する責任者に選ばれた狂言師の野村萬斎さん(52)が31日、都内で記者会見し、「日本らしい式典にしたい」と抱負を語った。

     野村さんは五輪とパラの開閉会式計4式典を統括。五輪演出は映画監督の山崎貴さん(54)、パラ演出はCMクリエイティブディレクターの佐々木宏さん(63)がそれぞれ責任者を務める。

     会見で野村さんは、東日本大震災からの「復興五輪」と位置づけ、「シンプルかつ和の精神に富んだ式典になるように全力を尽くしたい」と意気込みを語った。

    2018年07月31日 16時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP