東京五輪式典「日本らしく」演出の野村萬斎さん

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見の最後に握手する、(左から)山崎貴さん、野村萬斎さん、佐々木宏さん(31日午前、東京都港区で)=三浦邦彦撮影
記者会見の最後に握手する、(左から)山崎貴さん、野村萬斎さん、佐々木宏さん(31日午前、東京都港区で)=三浦邦彦撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックで開閉会式の演出を統括する責任者に選ばれた狂言師の野村萬斎さん(52)が31日、都内で記者会見し、「日本らしい式典にしたい」と抱負を語った。

 野村さんは五輪とパラの開閉会式計4式典を統括。五輪演出は映画監督の山崎貴さん(54)、パラ演出はCMクリエイティブディレクターの佐々木宏さん(63)がそれぞれ責任者を務める。

 会見で野村さんは、東日本大震災からの「復興五輪」と位置づけ、「シンプルかつ和の精神に富んだ式典になるように全力を尽くしたい」と意気込みを語った。

34565 0 スポーツ 2018/07/31 16:50:00 2018/07/31 16:50:00 記念撮影に臨む東京五輪パラリンピックの開閉会式の演出を統括する責任者となった野村萬斎さん(中央)、五輪の演出チームの責任者となった山崎貴さん(左)、パラリンピックの演出チームの責任者となった佐々木宏さん(31日午前10時12分、東京都港区で)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180731-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ