<速報> 日欧開発の水星探査機、南米ギアナから打ち上げ成功
    文字サイズ

    鈴木長官、20年ぶりのサーフィン恐る恐る

    • 人工施設でサーフィンに挑戦したスポーツ庁の鈴木大地長官(東京都品川区で)=畔川吉永撮影
      人工施設でサーフィンに挑戦したスポーツ庁の鈴木大地長官(東京都品川区で)=畔川吉永撮影

     スポーツ庁の鈴木大地長官が10日、東京都品川区に完成した民間の複合スポーツ施設のイベントに参加。人工波でのサーフィンに挑戦した。

     20年ほど前にサーフィンの経験があるという鈴木長官だが、最初は初心者用の手すりにつかまり、恐る恐るボードに乗った。バランスを崩して何度か流されたが、最後は両手を広げて波に乗り、「暑い中、気持ち良かった」と笑顔を見せた。

     約2万4000平方メートルの敷地にはスポーツクライミング施設やテニスコートなどもあり、鈴木長官は「都会の真ん中で五輪新競技などを知ってもらういい機会になる」と施設の誕生を喜んだ。

    2018年08月10日 23時15分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP