東京パラあと2年、ボッチャなど競技体験楽しむ

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピックまであと2年となったことを受け、東京都と大会組織委員会は25日、江東区の展示施設「メガウェブ」でカウントダウンイベントを開き、会場は多くの親子連れでにぎわった。

 イベントに出席した小池百合子都知事は「パラのことをもっと知ってもらい、(観客が)会場を埋め尽くすような大会にしたい」と呼びかけ、パラカヌーの小山真選手(37)は「あと2年間、一つ一つのレースを大切にして、最高の笑顔でパフォーマンスしたい」と意気込みを語った。

 会場では、ボッチャやシッティングバレーボールなどの体験会も行われ、ボッチャを体験した千葉県の公務員の男性(27)は「面白くて熱中してしまった。障害の有無に関係なく一緒に楽しめるスポーツなのがいい」と話していた。

38075 0 スポーツ 2018/08/26 10:05:00 2018/08/26 10:05:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ