五輪本番を想定、江の島でセーリングテスト大会

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

セーリング・ワールドカップが開幕、レースへ向け準備する各国の選手たち(後方は江の島)(11日午前、神奈川県藤沢市で)=飯島啓太撮影
セーリング・ワールドカップが開幕、レースへ向け準備する各国の選手たち(後方は江の島)(11日午前、神奈川県藤沢市で)=飯島啓太撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、全競技を通じて最初のテスト大会となるセーリング・ワールドカップ(W杯)江の島大会が11日、神奈川県藤沢市の江の島ヨットハーバーを拠点に始まった。

 五輪本番を想定し、選手の動線や機器の動作、会場警備、輸送などを確認する。大会組織委は課題検証のため、16日までのテスト大会の期間中、職員のべ約200人を派遣。ある職員は会場や周辺を視察し、「五輪本番は会場の規模がもっと大きい。メディアの数も増えることなどを想定して対応を考えたい」と話した。

 セーリングは海上での競技という特性があるため、今回と来夏の2度、テスト大会を行う。その他の競技についても来年7月以降に順次、実施される。

40431 0 スポーツ 2018/09/11 13:53:00 2018/09/11 13:53:00 2018/09/11 13:53:00 セーリングW杯が始まり、レースへ向け準備をする選手ら(後方は江ノ島)(11日午前11時12分、神奈川県藤沢市で)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180911-OYT1I50013-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ