「命にかかわる」五輪マラソン5時半開始を要望

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪・パラリンピックで懸念される暑さについて、日本医師会と東京都医師会は29日、午前7時に設定されている男女のマラソンの開始時間を1時間半早い午前5時半に、前倒しするよう大会組織委員会に要望した。両医師会は「選手や観客の命にかかわりかねない」などとしている。

 今回の要望は、熱中症の研究者らによる五輪マラソンコースの暑さに関する調査結果を踏まえたもの。今年8月にコース上の気温や湿度、日差しの強さを計測した結果、午前7時開始の場合、多くの区間で日本スポーツ協会の指針で激しい運動や持久走を避けるべき「厳重警戒レベル」となり、区間によっては「運動中止レベル」となったという。

46237 0 スポーツ 2018/10/29 19:02:00 2018/10/29 19:02:00 2018/10/29 19:02:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ