公務員のゴルフ禁止規程は「五輪憲章に反する」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本オリンピック委員会(JOC)の松丸喜一郎常務理事は6日、国家公務員に利害関係者とのゴルフを禁じた倫理規程について、「ゴルフが差別を受けている。早急な見直しを求めたい」と述べた。参院文教科学委員会に参考人として出席し、答弁した。

 JOCがこの問題に関して公式見解を示したのは初めて。ゴルフは、2020年東京五輪の正式競技。松丸氏は、五輪憲章が「スポーツをする機会」の平等を定めているとして「五輪憲章に反する」とも語った。

 国家公務員の倫理規程は、「利害関係者と共に遊技またはゴルフをすること」を禁止している。高級官僚の過剰接待問題を受けて2000年に定められた。過去にも見直しを求める声が出たが、人事院が市民や民間企業、国家公務員らを対象に行った調査で、6~7割が「禁止は妥当」と答え、存続した経緯がある。

52510 0 スポーツ 2018/12/06 19:46:00 2018/12/06 19:46:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ