文字サイズ

    ボランティア応募、2万6千人に登録障害の恐れ

     2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は7日、大会ボランティアに応募する専用サイトで昨年12月に発生したシステム障害の影響で、約2万6000人が応募登録を完了できていない可能性があると発表した。

     組織委は、未完了の対象者に個別に連絡し、16日までに改めて応募登録の手続きを完了するよう呼びかける。組織委によると、登録済みの応募者は18万6101人で、仮に対象者全員が登録すれば応募者は計20万人を超えることになる。

     システム障害は、応募最終日の昨年12月21日に専用サイトにアクセスが集中したために発生したという。

    2019年01月07日 22時16分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP