竹田会長「贈賄にあたる不正ない、判事に説明」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 竹田会長は11日夜、JOCを通じてコメントを発表し、「招致活動に関し、担当判事のヒアリングをパリで受けた。招致委はコンサルタント契約に基づき正当な対価を支払ったものであり、贈賄にあたるような不正は何も行っていないことを説明した。国民の皆様に大変ご心配をおかけしているが、疑念を払拭ふっしょくするために、今後も調査に協力する」と疑惑を否定した。

18920 0 スポーツ 2019/01/11 20:37:00 2019/01/21 12:03:34 2019/01/21 12:03:34

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ