文字サイズ

    IOC、竹田会長から聴取「推定無罪を尊重」

     【ジュネーブ=杉野謙太郎】2020年東京五輪・パラリンピックの招致活動を巡る不正疑惑で、国際オリンピック委員会(IOC)倫理委員会が当時の招致委員会の理事長だった竹田恒和・日本オリンピック委員会(JOC)会長(71)から11日に聴取をしたことが12日、IOCへの取材でわかった。IOCでは「継続中の案件のため詳細は明らかにできない。推定無罪の原則を尊重しながら、状況を注視していく」と説明している。

     倫理委員会の聴取は11日にテレビ会議システムを利用して実施され、JOC関係者によると、竹田氏は弁護士と共に出席した。フランス司法当局は同日、竹田氏が汚職に関与した疑いで起訴に向けた本格捜査を始めたと明らかにしていた。

     この問題は、仏検察当局が16年5月に声明を出したことで表面化。招致委がシンガポールのコンサルタント会社「ブラック・タイディングス社」にコンサル料として支払った約2億3000万円が、招致成功に向けた賄賂資金にあたるとみて調べていた。

    (ここまで425文字 / 残り344文字)
    2019年01月12日 22時55分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP