東京五輪マラソン午前6時号砲、競歩は5時半

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪の男女マラソンは、招致段階の計画から1時間半繰り上げて午前6時スタートとなることが23日、大会関係者への取材でわかった。男子50キロ競歩も2時間早めて午前5時半開始。いずれも暑さ対策の一環で、選手や観客に配慮した形だ。

 大会組織委は昨年12月の国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会で2種目の開始時間について協議した。陸上は全種目のスケジュールを固めてからIOCや国際陸上競技連盟に是非を諮る方針で、関係者によると、巨額の放送権料を払う米テレビ局が米国のゴールデンタイムとなる日本時間午前に一部トラック種目の決勝実施を求め、調整が続いている。ただし、マラソンと競歩についてはIOCを含む関係機関と合意したという。

 24日で、五輪開幕まで1年半。組織委は東京都とも連携し、観客やボランティアの移動手段となる公共交通機関の始発前倒しを依頼するなど、環境整備を急ぐ方針だ。

276526 0 スポーツ 2019/01/24 06:09:00 2019/01/25 10:45:56

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ