五輪入場券は全競技抽選販売…4月以降受け付け

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は30日、五輪チケットの販売概要を発表し、開閉会式や全競技の入場券を抽選で販売すると明らかにした。

 発表によると、一般向けチケットは4月以降に申し込みの受け付けを開始。一定期間後に締め切って抽選し、チケット不正転売禁止法が施行される6月以降に結果が通知される。売れ残った分を今秋以降に先着順で発売し、さらに残ったものを都内の店舗で販売する。

 12歳未満の子どもと60歳以上の高齢者、障害者らを含むグループに1枚2020円の「東京2020みんなで応援チケット」も用意。今後、食事や土産をセットにしたチケットも販売する。チケットは公式販売サイトで扱い、購入には登録ページ(https://id.tokyo2020.org/)でIDを取得することが必要となる。

 座席は見やすさに応じてAからEの五つに区分されているが、体操は三つの区分になるほか、さらに少ない競技もある。最高額は開会式Aの30万円(税込み)。競技では陸上の男子100メートルや男女400メートルリレーなど注目度の高い種目の決勝が行われる日の13万円(同)が最も高く設定された。席の区分は希望できるが、席の指定はできない。

411574 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/01/31 00:21:00 2019/01/31 20:14:25 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190130-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ