五輪の体操団体、パリは5人制に…国際連盟検討

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪で4人制で行われる体操の団体総合について、国際体操連盟(FIG)が24年パリ五輪で5人制に戻すことを検討していることが、10日わかった。東京都内で開かれた日本体操協会の会合で渡辺守成・FIG会長が明らかにした。19、20日にスイスで開かれるFIG理事会で提案される見通し。

 東京五輪では、16年リオデジャネイロ五輪から団体枠を1人減らし、強豪国以外の出場機会を増やすなどの目的で団体メンバーを除く個人枠(各国・地域最大2人)が設けられたが、予選方式が複雑化し、各国から批判の声が上がっていた。

439271 1 東京オリンピック・パラリンピック 2019/02/11 20:42:00 2019/03/01 15:48:29 2019/03/01 15:48:29

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ