[東京マラソン2019]五輪見据え 2万人警備…きょう東京マラソン

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 約3万8000人が参加する「東京マラソン2019」(読売新聞社など共催)が3日、開催される。警視庁は車両突入テロに備え、主要交差点で車両約200台による「防護壁」を築き、沿道の路地も封鎖。上空はドローン部隊で警戒し、来年の東京五輪・パラリンピックを見据え、民間警備員を合わせて総勢約2万人態勢で警備にあたる。

危機対応バイクも導入

 車いすマラソンは午前9時5分、マラソンは同10分にスタートする。沿道に約130万人の観客が集まる見込みだが、警視庁が最も警戒しているのが、車両突入テロだ。今年元日には、東京・原宿の竹下通りで暴走車に8人がはねられる事件が起きており、「現実的な脅威」(警視庁幹部)とされる。

 東京マラソンでは、機動隊バスなど計約200台で防護壁を築くほか、スタート地点の都庁前(新宿区)や浅草(台東区)、銀座(中央区)、東京駅前周辺(千代田区)には、イスラエル製の鉄柵(高さ70センチ、重さ22キロ)を組み合わせた「車両突入防止用バリア」を設置。コースに通じる路地も鉄柵や車止めで封鎖する。上空は、訓練を受けた「ドローン部隊」が警戒にあたる。

 スタートとゴール地点付近30か所には、「さすまた」の上部に看板を取りつけた案内標識を東京マラソン財団が設置。有事の際には看板を外して、制圧に使うことができる。テロリストを銃撃する「緊急時対応部隊」(ERT)も前年より増強する。

 ランナーと並走しながらテロリストを警戒する「ランニングポリス」に加え、今回は新たに、自動体外式除細動器(AED)とカメラ付きの「危機対応バイク」を導入。テロや事故の際には現場に急行し、避難誘導や負傷者の手当てを行う。

 東京マラソンのコースは、来年8月に行われる東京五輪と一部が重複しており、警視庁の重久真毅警備1課長は「東京五輪に向けた試金石になる。安全な五輪開催につなげたい」と話した。

471051 1 東京オリンピック・パラリンピック 2019/03/03 05:00:00 2019/03/03 08:50:29 2019/03/03 08:50:29 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190303-OYT1I50014-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ