「国産材と技術力の大空間」体操競技場を公開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

動画はこちら

東京五輪、パラリンピックに向け建設が進む有明体操競技場(12日午前、東京都江東区で)=小林武仁撮影
東京五輪、パラリンピックに向け建設が進む有明体操競技場(12日午前、東京都江東区で)=小林武仁撮影

 2020年東京五輪の体操競技とパラリンピックのボッチャが行われる「有明体操競技場」(東京都江東区)の工事が進んでいる。

 木の香りに包まれる競技場は1万2000席。屋根のはりをはじめ、外装や客席には、北海道、長野県、静岡県、三重県などの国産木材を使用している。シンボルの木造屋根は工期短縮のため、地上で組み立て、5回に分けてリフトアップで設置した。

 工事を請け負う清水建設の永田正道所長(59)は「日本の木材と技術力が作り上げた大空間で、日本選手がメダルを取ることを願っています」と話す。工事は7割まで進み、10月後半の完成を目指す。

無断転載禁止
483761 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/03/12 11:29:00 2019/03/12 12:55:26 2019/03/12 12:55:26 東京五輪、パラリンピックに向け急ピッチで建設が進む「有明体操競技場」(12日午前9時43分、東京都江東区で)=小林武仁撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190312-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ