ガンダムとザク、宇宙から五輪・パラ盛り上げ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

計画について話す大会組織委の室伏広治スポーツディレクター(右)と宇宙飛行士の金井宣茂さん(15日、東京都千代田区で)=吉川綾美撮影
計画について話す大会組織委の室伏広治スポーツディレクター(右)と宇宙飛行士の金井宣茂さん(15日、東京都千代田区で)=吉川綾美撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会と宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)、東京大は15日、宇宙から大会へ応援メッセージを送る計画を発表した。宇宙を舞台にした人気アニメ「機動戦士ガンダム」の模型を載せた超小型衛星を来春に打ち上げ、画像とメッセージを発信して大会を盛り上げる。

 発表によると、来年3月頃、東京大が開発する超小型衛星(縦横各10センチ、高さ30センチ)を国際宇宙ステーション(ISS)へ補給船で運び、日本実験棟「きぼう」から宇宙空間へ放出する。

 放出後、衛星の内部から「ガンダム」と、敵役「ザク」の模型が現れる。2体の足元に取り付けた電光掲示板にメッセージを表示し、衛星のカメラで撮影、地上へ送る。来年4月以降、パラリンピックが閉幕する9月6日まで随時、送信する。

 組織委の室伏広治スポーツディレクターは記者会見で「地球規模の大会に宇宙も加わり、よりスケールが大きくなる。宇宙からの応援で、選手も頑張れる」と期待を込めた。

無断転載禁止
585163 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/05/15 23:34:00 2019/05/15 23:34:00 2019/05/15 23:34:00 機動戦士ガンダムのガンプラ2体を宇宙空間へ送り、宇宙空間から東京2020大会を応援するプロジェクトの発表記者会見でコメントする、東京2020組織委の室伏広治スポーツディレクター(右)。左は宇宙飛行士の金井宣茂さん(15日午後1時31分、東京都千代田区で)=吉川綾美撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190515-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ