3時間半待ちも…五輪チケット抽選申し込み終了

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪の国内在住者向けチケットの抽選申し込みが29日、締め切られた。大会組織委員会によると、申し込みに必要なIDの登録者は約750万人に上り、公式販売サイトへの接続数は今月9日の受け付け開始から計約2425万件に上った。組織委は申込件数や倍率などは公表していない。

 組織委によると、ID登録をした人数は、12年ロンドン大会や16年リオデジャネイロ大会を上回り、「過去最多とみられる」(担当者)という。

 受け付けは当初、28日深夜で締め切られる予定だったが、駆け込みの申し込みが急増したため、組織委は締め切りを急きょ12時間延長していた。28日深夜には、最も多い時で約100万人がサイト内で待機状態となり、つながるまでに約3時間半かかっていたという。

 抽選結果は6月20日に販売サイトで発表するほか、メールでも通知する。当選者はすべてのチケットを7月2日までに購入する必要がある。今秋以降には専用サイトで先着順の販売が行われ、来春頃には直接購入できる窓口も都内に設置される。

609383 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/05/29 18:35:00 2019/05/29 21:13:42 2019/05/29 21:13:42

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ