小池知事「アナログ手法も有効」…かぶる日傘

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

かぶるタイプの傘を紹介する小池知事(都庁で)
かぶるタイプの傘を紹介する小池知事(都庁で)

 真夏に行われる2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として、東京都が頭にかぶるタイプの日傘を製作した。今夏のテストイベントで配布し、熱中症の予防効果などを検証するという。

 かぶりがさのように頭に載せて使うもので、遮光性や遮熱性のある素材を使用。両手が空くため、屋外でのスポーツ観戦などもしやすくなるのが特徴だ。

 24日の定例記者会見で試作品を披露した小池知事は「暑さ対策はハイテクだけでなく、街路樹の整備や日傘を差すといったアナログな手法も効果があることを確認したい」とPRした。

無断転載禁止
613110 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/05/31 15:22:00 2019/05/31 15:22:00 2019/05/31 15:22:00 かぶるタイプの傘を披露する小池知事(右)(5月24日午後2時13分、都庁で)=石原宗明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190530-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ