東京五輪チケット、全部外れた人対象に再抽選へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪の国内在住者向けチケットについて、大会組織委員会は4日、5月に行った抽選申し込みで1枚も当たらなかった人のみを対象とした抽選による再販売を8月に行うと発表した。水泳や陸上など人気競技を中心に多数の落選者が出た一方、競技によってはチケット残数に余裕があるため、多くの人に競技観戦の機会を得てもらうのが狙い。

 チケットは、各競技を時間帯で分割した「セッション」ごとに販売されている。組織委が「セカンドチャンス」と呼ぶ今回の機会で申し込めるのは、公式販売サイトのID登録者1人あたり1セッションのみで、上限枚数は未定。抽選で当選したものの購入手続きがなされなかったチケットもセカンドチャンスに一部回される見込みだ。競技場の収容人数が多い団体球技の予選などが中心になるという。

 申し込みは、8月に始まるパラリンピックのチケット抽選申し込みより前に開始される予定。

 また、秋には開閉会式を含む全競技のチケットを先着順で売る予定だったが、アクセスが集中して混乱が予想されるため、抽選に切り替えることも決まった。

無断転載禁止
671945 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/07/04 20:12:00 2019/07/05 06:25:46 2019/07/05 06:25:46

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ