天皇陛下が東京五輪・パラ名誉総裁に、政府が依頼へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅官房長官と鈴木五輪相は9日の閣議で、天皇陛下に2020年東京五輪・パラリンピック大会の名誉総裁への就任を依頼する方針を説明した。安倍首相が山本信一郎・宮内庁長官を通じて陛下に伝える。

 菅氏は閣議後の記者会見で「天皇陛下が名誉総裁となられ、日本国の象徴として開会の言葉を述べられることは、国民総参加による夢と希望を分かち合う大会の実現や国際親善の観点からも有意義であると考える」と述べた。

 過去の日本大会では、五輪は天皇、パラリンピックは皇太子がそれぞれ名誉総裁を務めた。今回は、両大会を同じ位置づけにしたいとの大会組織委員会の意向を踏まえた。

無断転載禁止
681320 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/07/09 18:10:00 2019/07/09 18:10:00 2019/07/09 18:10:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ