金は32キロ…五輪・パラのメダル5千個分回収

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は10日、携帯電話などの小型家電から取り出したリサイクル金属で入賞メダルを作るプロジェクトについて、約5000個のメダルに必要な量の金属の回収が完了したと発表した。

 全国1621の自治体やNTTドコモなどが協力し、2年間で金は約32キロ、銀は約3500キロ、銅は約2200キロを確保した。金メダルは銀をベースとして金メッキを施す。

 五輪メダルのデザインは、開会式1年前の24日に公表される。

無断転載禁止
683540 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/07/10 19:50:00 2019/07/10 19:50:00 2019/07/10 19:50:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ