オリンピック・パラリンピック

韓国五輪委「被災地食材に懸念」…他国に支持広がらず

無断転載禁止

 2020年東京五輪の準備状況を各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)の代表に説明する選手団長セミナーが20日、都内で開かれ、韓国の出席者から、東日本大震災の被災地の食材が選手村で提供されることへの懸念が示された。

 会議は非公開で行われたが、関係者によると、韓国側は福島産の農林水産物が原発事故によって放射能に汚染されている可能性を指摘。セミナーを主催した大会組織委員会の見解を求めた。組織委は徹底した検査を行っており、安全性は確保されていると回答。韓国側は他のNOCにも賛同を求めたが、支持は広がらなかったという。

オリンピック・パラリンピック
ページTOP