ニュース

首都高、五輪競技時に1千円上乗せ…未明は半額

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会と東京都は26日、大会時に首都高速の通行料を上下させて交通量を調整する「ロードプライシング」の実施案を公表した。競技が行われる時間帯に都内区間を走行するマイカーに1000円を上乗せすることなどが柱で、27日に沿線自治体や警察庁などと開く会議での合意を得て正式決定する。

 都内で開かれた検討会で国が実施案を示した。それによると、1000円上乗せは首都高の都内区間で午前6時~午後10時に実施。物流車両やバス、タクシーなどを除く車(マイカー)が対象で、競技時間帯の交通量を抑制する。一方、競技が行われない時間帯の通行を促すため、午前0~4時は都外も含む首都高全線で、ETC(自動料金収受システム)を搭載した全車両の通行料を半額とする。

 実施期間は、五輪については関連行事が行われる開会式4日前の来年7月20日から、閉会式翌日の8月10日まで。パラリンピックについては大会期間中の8月25日から9月6日で、土日も含め計35日間となる。

 組織委などによると、何も対策を取らない場合、大会中の首都高の渋滞は平常時の約2倍になると見込まれており、組織委と都は首都高の交通量を30%減らす目標を掲げている。7月には首都高入り口の一部を閉鎖する実験が行われたが、通行量は7%減にとどまり、組織委などは追加対策の必要性で一致していた。

 国の想定では、ロードプライシングの導入により、平日の渋滞時に約80分かかっていた選手村から新国立競技場までの所要時間は、約20分まで短縮されるという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
763880 0 東京オリンピック 2019/08/26 19:24:00 2019/08/27 10:06:52 2019/08/27 10:06:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190826-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

オリンピック 新着ニュース